健康サポート成分の力を最大限に引き出して、二日酔いを防止する服用方法とは?

ゼリア製薬が販売する「ヘパリーゼ」という商品名を聞くと、パイン味の美味しい栄養ドリンク剤というイメージが強いかと思います。しかしヘパリーゼのシリーズにはタブレットタイプの製品もあり、特に「ヘパリーゼZ」という商品は悪酔いや二日酔いの対策に有効で、「最強」との評価まで受けているのだとか。

 

また疲労解消にも役立つとされているのですが、その秘密を探るためこのサプリメントの配合成分や作用について少し検証していきたいと思います。

↓↓↓ヘパリーゼZを5日分セット980円でお試しできます!↓↓↓


 

中心となる健康サポート成分

 

ヘパリーゼZの配合成分の中でも販売元が特にその効能を謳っているのが、肝臓エキス、オルニチン、ウコンエキス、セサミンではないでしょうか。

 

そのなかでも肝臓エキスは、高品質の豚や牛の肝臓を消化酵素で加水分解して作られているため、アミノ酸がぎっしりと詰まっているのが特徴です。そんなアミノ酸の一種で蛋白質を構成するアラニンには、肝機能の改善させるなどの効果があると言われています。

 

その他の主要成分

 

その他の主要な成分のうち、オルニチンはアンモニアを尿素へと分解する尿素サイクルに関わるアミノ酸です。このアンモニアは疲労の原因となる物質ですから、オルニチンは疲労解消に重要なアミノ酸、ということになります。更にアルコールを分解して無毒化したり、胆汁の生成に関わったりと肝臓の活動に不可欠な物質とされています。

 

ウコンエキスはショウガ科の植物のウコンから抽出されたエキスで、クルクミンというポリフェノール化合物に富んでいます。胆汁の分泌を助ける働きがあるため、肝機能を活性化させる効果が期待できるでしょう。

 

それに加えて、セサミンという滋養強壮に役立つ食材として知られる胡麻の中でも特に重要とされている成分も含まれている上、クエン(酸ビタミンC)、L-システイン、ミネラル類、核酸それに8種類の必須アミノ酸を含む計18種類のアミノ酸まで配合されています。このようにヘパリーゼZというのは、あらゆる角度から肝機能を支えてくれると同時に、栄養補強にも使えるサプリメントであることがお分かりいただけるでしょう。

 

含有成分はアルコールの解毒にどう働くのか?

 

次にアルコールが肝臓内でどのように処理されるのか、簡単に触れておくことにします。

 

アルコールは体内に入るとアセトアルデヒドに分解されますが、この物質はアルコール同様、人体に有害とされているので、それを更に体内酵素のアセチル補酵素Aや肝臓で作られる胆汁の主成分である胆汁酸によって解毒することになります。

 

人間が口にしたお酒は、このように無害化された上で最終的には老廃物として外に排泄されることになるのですが、その過程で肝臓はミネラルをはじめとする様々な栄養素を必要とするのです。しかし必要な栄養素が足りていないと宿酔いになってしまったり、下痢などアルコールの過剰摂取に伴う数々の弊害を惹き起こす原因ともなってしまいます。

 

ヘパリーゼZの主要な成分には血中でのアセドアルデヒドの濃度を低下させ、円滑に代謝を進める働きがあります。その他にも飲酒に伴う体調不良を防ぐのに有効とされる成分が贅沢に配合されているため、これを服用することでアルコールの分解や無害化をスムースにする効果が期待できるのです。このためお酒の席で体調を崩すようなこともなくなるでしょう。

 

疲労解消にも効果を発揮

 

ヘパリーゼZには肝臓のコンデションを整えることで、体内酵素が活性酸素の活動によって過剰に消費されるのを防ぐ効果もあります。この活性酸素に関しては、細胞を傷つけたり老化を招く元凶になることはよく知られていますが、その活動によって体内酵素が不足すると、体中に疲労感やだるさを覚えるようになってしまいます。しかし肝臓の機能が上向けば、睡眠不足や夏バテによる体調の不具合も解消に向かうことでしょう。

 

そもそもヘパリーゼシリーズは疲労、食欲低下、胃腸機能の減退、便秘といった不調に悩む人にミネラル等の有益な栄養素を補給し、滋養強壮や疲労解消に役立ててもらうために開発されたものです。

 

例えば同じシリーズのドリンク剤では、疲労解消のための有効成分として、五味子のような生薬の成分やジクロロ酢酸ジイソプロピルアミンを配合しているのだとか。ドリンク剤は消化吸収も速やかで副作用も低いといったメリットもあり、錠剤のヘパリーゼZには肝臓組織の修繕や肝機能を高める働きがあります。それぞれの商品の特性を知って、上手く使い分けるようにすると、より確実に効果を実感できるようになる訳です。

 

二日酔い対策には飲酒前の服用がおススメ

 

このように疲労解消の為にヘパリーゼZを利用するならドリンク剤との使い分けがポイントとなるのに対し、二日酔いや悪酔い防止のために活用するなら、服用のタイミングがカギとなります。つまり用途によって摂取方法が違う訳で、後者の目的であれば飲み会が始まる前に服用すると良いでしょう。

 

肝臓の解毒作用については先にも説明しましたが、肝機能をサポートしてくれるミネラル等の栄養分を摂っておくことで、アルコールの分解も円滑に進むようになるからです。

 

その服用するタイミングとしては、飲酒の30分くらい前から直前までの時間帯がベストだと考えられています。ただ実際にはうっかり服用し忘れたりして、お酒を飲んでいる途中や飲み会がお開きになった後でそれに気が付くことも多々あるでしょう。そのようにタイミングを逃した場合でも、諦めずに服用するようおススメします。

 

たとえお酒を飲んでる途中や飲み終わった後であっても、服用すれば有効成分は体内に取り入れられるし、肝臓は飲酒後もアルコールを分解するために働き続けているので、手遅れということはないからです。更に言えば、二日酔い状態となった翌日に服用しても相応の効果は得られるため、とにかく何もしないでいるより服用した方が良いことだけは間違いありません。

 

そうは言ってもヘパリーゼZによる二日酔い防止の効果を最も引き出すには、体にアルコールが入る前に服用するのが一番ですし、ベストタイミングでなくても早く服用するに越したことはないでしょう。

 

仮に飲み忘れた場合でも気づいた段階ですぐに摂取すること、この点をしっかり頭に入れておいて下さい。

↓↓↓ヘパリーゼZを5日分セット980円でお試しできます!↓↓↓